日本大学理工学部
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2019年07月26日

メディア

BSフジ「もしもで考える…なるほど!なっとく塾」7月28日(日)放送:航空宇宙工学科 阿部新助准教授がスタジオ出演します。

7月28日(日)放送のBSフジの森田健作千葉県知事が塾長をつとめる番組「もしもで考える…なるほど!なっとく塾」に、航空宇宙工学科 准教授で天文学者の阿部新助准教授がスタジオ出演します。
阿部先生は最近「はやぶさ2」のリュウグウ着陸で活躍しており、さらに、(株)ALEとの共同研究であります人工流れ星の実証実験も来春予定され注目されています。
さて、この番組は、知ってそうで知らない世の常識を<もしもの世界>で見てみれば、思わぬ発見から常識の仕組みが見えてくるのではないかという内容です。
今回阿部准教授は、
「もしも火星に家を建てるなら…?」
というテーマにおこたえします。
近年、火星移住プロジェクトが各国すすんでおり、それに伴う様々な研究がすすめられています。
理工学部でも精密機械工学科青木研究室がドイツやUAEの大学と火星への物資輸送に使う宇宙エレベーター(火星エレベーター)の研究や惑星ローバーの開発プロジェクトをスタートさせています。
今回は、実際に本当に住むとしたらどうなるのかを真剣に考えるということで、住むためには何をどうしなければならないのか…是非皆さまご覧ください。




■番組名
もしもで考える…なるほど!なっとく塾
■放送局
BSフジ
■放送日時
7月28日(日)17時~17時55分
■出演者
森田健作 京本政樹 ほか