日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2019年10月17日

教育・研究イベント

<10月19日(土)>令和元年度日本大学量子科学研究所 研究報告会を開催します。(申込不要・入退場自由)

<10月19日(土)>令和元年度日本大学量子科学研究所 研究報告会を開催します。(申込不要・入退場自由)

10月19日(土)に、駿河台キャンパスのタワー・スコラS202教室にて、「令和元年度日本大学量子科学研究所研究報告会」を開催します。
加速器科学/量子光学・物性物理学、理論物理学/プラズマ科学・核融合等のそれぞれのテーマで繰り広げられるセッションには、様々な研究をしている先生方が次々と登場しその研究報告をします。
詳細はプログラムをご覧ください。
学部生、大学院生、一般の方、高校生の皆さん、どなたも参加が可能です。
是非、皆さまのお越しをお待ちしております。

令和元年度日本大学量子科学研究所 研究報告会

10:00 – 10:35
招待講演
「超短パルス光による超高速磁化制御とスピン依存現象」
塚本新1  (1日大・理工・電子)
10:35 – 10:50
一般講演
「日本大学電子線利用研究施設FELビームラインにおけるTHz光源開発」
境武志1, 早川恭史1, 住友洋介1, 早川 建1, 田中俊成1, 野上杏子1, 高橋由美子1,
清紀弘2、小川博嗣2(1日大・量科研、2産総研)

10:50-11:05
一般講演
「FEL中赤外線刺激によるザリガニの網膜電位:速い反応と遅い反応」
宍倉文夫1, 早川建1, 早川恭史1, 小松崎良将2, 野上杏子1, 境武志1, 住友洋介1,
高橋由美子1, 田中俊成1, 全炳俊3, 紀井俊輝3, 大垣英明3
(1日大・量科研, 2日大・理工・物理, 3京大)
11:05-11:20
一般講演
「放射光とPXRを用いたイメージング実験」
高橋由美子1, 早川恭史1, 植原爽2, 境武志1, 住友洋介1, 野上杏子1, 早川建1,
田中俊成1, 宍倉文夫1
(1日大・量科研, 2日大院・理工学研究科)
11:20-11:40
兼任一般講演
「LEBRA光源の歯科医療への利用」
河野哲朗1,2, 野田一1, 小宮正道1, 寒河江登志朗1, 岡田裕之1 , 高橋由美子2,
早川建2, 境武志2, 住友洋介2, 野上杏子2, 早川恭史2, 清紀弘3, 平野馨一4 
(1日大・松戸歯, 2日大・量科研, 3産総研, 4高エネ研)
13:20-13:55
トピカル講演
「加速器と周期磁場による、未来を拓く光開発への挑戦」
住友洋介 (日大・量科研)
13:55 – 14:30
トピカル講演
「量子インターネットってなんだ」
行方直人(日大・量科研)
14:30 – 14:45
兼任一般講演
「時分割並列電磁場解析によるプラズモニック素子の設計」
大貫進一郎1,2、岸本 誠也1、呉 迪3、浜島 功3
(1日大・理工・電気、2日大・量科研、3日大院・理工学研究科)

14:45 – 15:00
一般講演
「一般化された不確定性関係と厳密可解模型」
大谷聡 (日大・量科研)


15:00 – 15:15
一般講演
「ピンチ放電を用いた水の窓領域軟X線点光源の発生」
高杉恵一 (日大・量科研)