日本大学理工学部
新型コロナウイルス感染症に係る本学部の対応について
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 記事詳細

ニュース

2021年04月03日

お知らせ

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。

理工学部では、いよいよ9日(金)から、実験・実習科目だけではなく、座学についても隔週で対面授業を受講できるハイブリッド型での授業がはじまります。
それに伴い、本日、駿河台キャンパス及び船橋キャンパスにて、新型コロナウイルス感染症対策の1つとして、全ての教室と学食の一部に、着席者を記録するためのQRコードの入ったシールを貼付しました。着席可能な席にQRコードが貼ってあることで、着席者がQRコードを読むだけで、座席表に名前を記入することなく授業を開始することができ、安全・安心も確保されます。この後、図書館等の他の場所についても、授業開始に向けて作業を進めてまいります。
その他、入構管理システムの導入、検温機をはじめとして、一方向の順路を確保するための階段の表示や感染予防注意喚起表示等の掲示、パーテーション設置、マスク用ごみ箱や消毒液の増設等、安全そして安心して大学生活を送っていただくための準備を万全にして、授業開始の時を待っています。
学生の皆さんにも、ご家族の皆さまにも、安心していただけますよう、感染防止対策を徹底してまいります。
心ひとつに、ルールを守って、楽しい大学生活を送りましょう。

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。

対面授業開始に向けて、両キャンパスにQR着席トレーサビリティを導入しました。